未分類

特定商取引法に基づく表記は忘れずに用意して下さい

投稿日:

どのような場合でもインターネットで商売を行おうと思ったら、特定商取引法に基づく表記のページを必ず作る必要があります。
トップページなどに表記しても良いのですが、デザイン的に邪魔になる事が多く、可能であれば別ページに用意する事をおすすめします。トップページの分かりやすい場所にリンクを貼る事で誰もがすぐに特定商取引法に基づく表記のページにたどり着けるようにする必要はありますが、他には特別気を付けるような点はありません。

特定商取引法に基づく表記は何を表記したら良いのかが決まっていますので、テンプレートなどがフリー素材のサイトなどにアップロードされています。その為、誰でもすぐに対応ページを作成出来るようになっています。
法律用語は難しすぎて何を書き込んだら良いのか分からないと心配になる人もいるかも知れませんが、特定商取引法に基づく表記に関しては特別難しい事はありません。万が一何を書いたら良いのか分からないという場合は、自サイトと同様のネットショップの特定商取引法に基づく表記を参考にして下さい。

特定商取引法に基づく表記は住所や電話番号、販売責任者名なども書き込むようになっています。しかし、これらは省略出来るようになっていますので、必ずしも書き込む必要はありません。
ただし、購入者からの問い合わせがあった場合は速やかに開示する必要があります。匿名で商売を行いたいという人もいるかも知れませんが、残念ながら匿名で商売する事は出来ません。もちろんハンドルネームでの商売も出来ません。

いくつものネットショップを運営しているので、特定商取引法に基づく表記のページを複数作るのは面倒臭いと思う人もいるかも知れませんが、そういった場合は特定商取引法に基づく表記のページを一つ作って、全てのネットショップにそのページへのリンクを貼れば問題はありません。
ただし、販売する商品がまったく違う物である場合は表記の内容が変わってくる事あります。その為、全てのネットショップに対応出来るようにページを作る事を忘れないようにして下さい。特別難しい事はありません。ただ単に取扱商品や納期、配送方法などを全てのネットショップ分表記すれば良いだけです。

特定商取引法に基づく表記は企業だけが必要なわけではありません。
個人でネットショップを経営する場合にも必ず必要となりますので、もしネットショップを経営しているのにまだそういったページを用意していないようであればすぐにでも作成に取り掛かって下さい。

-未分類

Copyright© 【詐欺・評判】ブーストキャッシュ副業は稼げる案件?稼げない内容?| 合同会社IntelligencePower , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.